2017年5月22日月曜日

5/22 Zwift - Race Taper

22.2km 0h41m 145W 355kJ
4x1.5min
248W, 249W, 249W, 251W

タイトルはレーステーパーだけど、リカバリーとして実施。

2017年5月21日日曜日

5/21 レース - Bangkok Bike Thailand Challenge 2017 [Cha-am]

チャアムといっても、ホアヒン郊外といったほうがわかりやすい。そのホアヒンはウチからは日帰り圏内(バンコクは日帰りNG)だし、スタート/ゴールのLake View Golf & Resortはもっともよく行くゴルフ場でもある、すなわちめったにない地元開催のレースなのだ。でもウチから250kmあるけどな。前日の土曜日には50kmチームタイムトライアルも開催されてたんだが、BJCCはメンバーの都合が合わず参戦見送り。

日曜日のロードレースは一見アップダウンがあるようだが、獲得標高はたったの270mとフラットな76kmのコース。ゴール前はゴルフ場内の小道をくねくね進むので、ここまでに集団が小さくなってないと相当危険と思われる。

7時半のスタート時点で気温はすでに30℃、暑い。最前列左端からスタート。
余裕のハナホジw
とりあえず先頭で牽いて周りを観察。今回はファラン比率高し。デカいよ、基本的に。平坦基調では勝負にならんな。

ゴルフ場から出てバイパス道路へ。路側帯をコーンで仕切っているんだが、このコーンが相当ヤバい。おそらく前の組でもコーンへの激突があったのか、ところどころ変な場所にずれてる。集団内にいるといきなり目の前に現れる感じになるので、先頭に出て目視で回避が確実。

一般道に入って何回か単独の飛び出しがあるがすぐにヘタレて失速。力のありそうなのが5人くらいで協力すれば逃げれそうな気がする。何回か仕掛けてみるが、完全にマークされてるのか全部ツブされる。あきらめて中ほどで待機。

が、距離を消化するだけでレースとしては全然ツマらんので、前に出て曳きはじめてしまう。そして一回交代を促したら拒否されたので、さらにムキになって牽き倒す。まぁ大したスピードではないし、後ろにいる分には楽についてこれるペースなんだが。結果10kmくらい先頭固定で牽かされたうえに、ダム入口の唯一ともいえる上りでおいて行かれそうになるなど。

バイパス道路に戻ってまたヤバいコーンが出てきた。案の定というかさっきから危ない動きをしてたのがコーンに突っ込んで落車。警戒してたので難なく回避。そしてゴルフ場内へ戻ってきて残り10kmほど。前目にいる分には危険は感じないが、道幅は狭くなり結構曲がりくねっている。2,3回仕掛けるが決まらず、残り1kmで殺気立ってきたところでレース降りて流してゴール。

Bangkok Bike Thailand Challenge 2017 Age50-59
Result : Rank 30th Time 2:04:18.34

Riding Time
:
2:04:15
Distance
:
77.07 [km]
Elevation Gain
:
252.6 [m]
TSS™
:
151.1
IF™
:
0.85
Interval Intensity
:
81 [%]
Work
:
1353.4 [kJ]
Avg. Cadence
:
87.0 [rpm]
Max. Speed
:
57.0 [km/h]
Avg. Speed
:
37.0 [km/h]
Max. Heart Rate
:
169 [bpm]
Avg. Heart Rate
:
153 [bpm]
Max. Pedaling Power
:
719.7 [W]
Avg. Pedaling Power
:
181.5 [W]
Max. Pedaling Efficiency
:
76.6 [%]
Avg. Pedaling Efficiency
:
54.4 [%]
NP™
:
205.0 [W]
Avg. Power Balance (L : R)
:
52.7:47.3 [%]
Standing Rate
:
1.2 [%]
Avg. Left Pedaling Power
:
95.7 [W]
Avg. Right Pedaling Power
:
85.9 [W]
Avg. Left Pedaling Efficiency
:
58.6 [%]
Avg. Right Pedaling Efficiency
:
50.3 [%]
Avg. Left Torque
:
10.4 [N·m]
Avg. Right Torque
:
9.4 [N·m]
Max. Grade
:
8.5 [%]
Avg. Grade
:
-0.0 [%]
Avg. Temperature
:
30.8 [°C]



ここんとこ周りで怪我や落車が結構あったり、自分も最近落車が多かったので、『絶対に怪我しない』ことを最優先にしてたのは事実だし、ゴルフ場内まで大集団だったらレースを降りるというのも決めていた。が、やっぱりスッキリしない。少なくともレース降りるまでに出し切ってないし、(ゴールスプリントで)勝てそうにない自分に言い訳してるだけのような気がする。

次は危険回避は止む無しとしても、ちゃんと出し切ったレースがしたいな→ぼくのかんがえたさいきょうのさくせん(にげてぶっちぎりゆうしょう)ww

2017年5月19日金曜日

5/19 Zwift - ワークアウト管理Tips

Zwiftで自由に走るもよし、レースとかに参加するもよし。自分の場合はほとんどワークアウトのみだけど(^^;

知っている人は知ってると思うけど、ZwiftのログデータはWindowsではDocuments>Zwift>Activitiesのフォルダーに.fitファイルとして格納されている。この.fitファイルはZwiftが勝手にワークアウトのセットごとにラップを切っているので、これをGoldenCheetah等の解析ソフトで読み込めば簡単にセットごとの負荷分析ができる。自分でサイコンのラップボタンを押したり、後から解析ソフト上でラップを切る必要がなくなるわけだ。

自分の場合はペダリングモニタを使っているので、Cyclo-Sphereを使うわけだが、ほぼペダリングを見るだけ。ペダリング分析はトレンドとして診る必要があまりないのでこれでOK。ワークアウトの管理はGoldenCheetah、やはり専用のソフトに一日の長がある。

ついでに言うとZwiftの.fitファイルにはGPSデータも入っているのでWatpiaがどこにあるかもわかる。実走の場合はZwiftのログがないので、もちろんCyclo Sphereからダウンロードだ。